TACTIVE -Active Table Tennis-

公式オンラインショップ「TACTIVE SHOP」

卓球が盛んな国について

日本の世界王者が、卓球とは100メートルを全力疾走しながらチェスを指すようなものといいました。そして、誰でも手軽に簡単にできて、子供でも大人を負かすことができるスポーツです。ここで卓球が盛んな国について、ご紹介いたします。

中国

2015年での世界王者は中国です。卓球は中国の国技であり、競技人口の多さと選手層の厚さが強みです。公共の青空卓球台があちこちに設置されています。また卓球スクールや卓球専門学校も各地にあり、才能がある子供は報酬金までもらえます。個性を重視し、最新の技術を取り入れ、国を挙げて普及に努めています。

そのため国内試合も盛んです。スピーディーな試合展開が特徴で、サーブやレシーブにキレがあります。試合にはたくさんの観客が入り、テレビの実況中継も各地で行われています。

日本

戦後の卓球ブームで温泉に卓球台が置かれるようになり、庶民の娯楽として卓球は愛されてきました。ペンホルダー・グリップを使った強烈なドライブ打法などの速攻が持ち味で、1950年代には黄金時代を築きます。

卓球用具の開発も進み、数多くのメーカーが高品質な卓球用具を販売しています。現役で活躍できる時期も長いので子供の頃から活躍し、国民的アイドルとなった女性選手もいます。若い世代の育成も進み、オリンピックに向けて期待が高まります。

ドイツ

スポーツが盛んなドイツでは、プロリーグ(ブンデスリーガー)が活躍しています。中国に首位を明け渡していますが2014年の世界卓球では予選リーグ5戦全戦で、銀メダルや銅メダルを量産する強豪国です。ヨーロッパでは卓球スクールも多く、地域の大会でもスポンサーがつき賞金も多く出ます。

そのため卓球で有名になれば、選手や指導者として生活できるシステムが整っているのです。ドイツでも屋内外を問わず卓球台が解放され、気軽に楽しむことができます。力強い両ハンドドライブ、多彩なサービスなどが特徴です。

東京にあるTACTIVEは有名選手が指導する卓球スクールです。東京都の目黒区にありますので世田谷区や品川区からも通えます。自由が丘駅近くにありますので、東急東横線や田園都市線をご利用下さい。イベントでのラリー体験なども行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

1 / 1
ページの上に戻る