TACTIVE -Active Table Tennis-

公式オンラインショップ「TACTIVE SHOP」

卓球の歴史について

卓球は奥が深いスポーツです。場所を選ばず遊びますし、上達してくると体力や瞬発力が身につきます。ここで卓球の歴史について、ご紹介いたします。

イギリスで誕生

卓球はTable tennisとも呼びます。19世紀のイギリスでテニス選手たちが、雨のため室内テーブルで打ち合って練習したのが始まりといわれています。それからディナー後の娯楽として、上流階級の貴族たちが遊ぶようになりました。やがてテニスラケットを小さくし、子牛の皮を張った卓球ラケットが作られます。

これにセルロイド製のおもちゃボールを使うとピンポンと響きました。このピンポンゲームはイギリスで大流行します。しかしアメリカの会社が、ピンポンの名前をすでに商品登録していました。そのためテーブルテニス(卓球)という名前が正式な競技名となりました。

日本の躍進

日本に卓球が普及したのは1902年といわれています。東京高等師範学校教授の坪井玄道が、イギリス留学を終えてルールブック、ラケット、ボール10セットを持ち帰ったのがきっかけでした。そして東京の大学や横浜の高校を中心に、卓球は全国に広がっていきました。

1938年には国際大会が日本で開催され、元世界チャンピオンと互角に戦ったという記録が残っています。1952年にインドで開催された第19回世界選手権大会で、7種目中4種目を優勝で飾ります。スポンジラバーを卓球ラケットに張るなど技術革新も起こり、それに伴って卓球用具の制限やルールの改正が行なわれます。

中国の台頭

1949年に中華人民共和国が建国され、指導者が目をつけたのが卓球でした。卓球を国技と定め、卓球レッスンには最新技術を数多く導入します。国家が選手を養成するシステムが完成すると、1959年にドイツで行なわれた第24回世界選手権大会で、中国の容国団が初優勝を遂げます。そして中国で開催された1961年の第26回世界選手権大会では首位を独占しました。その後は日本やヨーロッパ勢の復活も起こりますが、中国は常に上位を占めています。

TACTIVEは東京卓球レッスンや台貸しを行なっている施設です。場所は東京都目黒区にあり、東急田園都市線や東急大井町線を活用すると便利です。また世田谷区、港区、大田区からも気軽に通うことが可能です。卓球レッスンを行なう前に個別のヒアリングやスキル解析を行い、自分にあった卓球レッスンプログラムをご提案いたします。プロ選手とのラリー体験やサイン会などのイベントも行なっています。是非ご活用下さい。

1 / 1
ページの上に戻る