TACTIVE -Active Table Tennis-

公式オンラインショップ「TACTIVE SHOP」

打法の種類について

卓球では様々な打法があります。これらのテクニックを身につけることで、より白熱したラリー(打ち合い)が可能となります。卓球スクールのTACTIVEでは、一人ひとりの能力やスキルに応じたプログラムによる、レッスンを行なっています。ここでは卓球で重要な打法の種類についてご紹介いたします。

ドライブ

卓球の基本打法であるドライブは、どんな動きからでも攻撃に移れるメリットがあります。
ラケットを上に振り抜くと、打つ瞬間に球がこすり上げられて前回転(トップスピン)がかかります。これが様々な変化を生みます。

また全身を使う動きのため、体重移動がとても重要になります。ドライブには多くの種類があります。回転が少な目で高速のスピードドライブ、強い回転と速度を持つパワードライブ、輪を描くように打ちネット近くで球が沈むループドライブ、利き腕方向に曲がるシュートドライブ、利き腕と反対方向に曲がるカーブドライブなどが挙げられます。

スマッシュ

卓球打法の大技であるスマッシュは、勝負どころに使う必殺技です。相手コートに叩きつけるように打ちます。ドライブ以上に腰を使った体重移動が決め手になります。また素早さ、パワー、正確性が求められるので、難しい打法です。打点が高ければ後から腕を振りぬき、打点が低ければ横から打ち込みます。

カット

ドライブ打法とは逆に下回転(バックスピン)をかける打法です。下切り・下回転サーブとも呼ばれ、相手コートに着地すると自分の方に戻ってきます。そのため普通に打つとネットにかかったり、変則的な動きに変わったりするのです。球の下をラケットの斜め下でこするように、素早く振り抜きます。前衛でレシーブをカットすることをツッツキといいます。
また後衛でカットレシーブを多用するタイプの選手をカットマンといいます。

プッシュ

守備的な打法で、押すように打ちます。バックハンド(利き腕の反対方向)で強打されたボールを、止めて入れるような打法はストップショート、攻撃的に押すような打法をバックハンドプッシュ(プッシュ)といいます。ペンのようにラケットを握るペンホルダータイプの選手が得意とするショートです。

TACTIVEは東京にある卓球スクールです。初心者が練習する打ち方は、経験豊富な指導者が行なうレッスンで必ず上達します。また個人レッスンや、ジュニア卓球教室もご用意しています。ぜひ一度卓球スクールで学んでみましょう。料金やプログラムなどのご相談も、お気軽にお問い合わせ下さい。

1 / 1
ページの上に戻る