TACTIVE -Active Table Tennis-

公式オンラインショップ「TACTIVE SHOP」

卓球の戦型について

卓球レッスンが進むと、自分にあった戦い方が分かってきます。攻撃型や防御型、パワーやスピードなど個人スキルや能力でスタイル(戦型)が決まります。この卓球の戦型について、ご紹介いたします。

ドライブマン

ボールに前回転(トップスピン)をかけたドライブを多用し、中陣や後陣から攻撃するタイプです。今では世界中の選手たちが採用している、主流の戦型となっています。卓球レッスンでは初心者が最初に覚える戦型です。ドライブマンはラケットの両面に回転性が高まる、裏ソフトラバーを好んで使います。ドライブマンの魅力は多彩なドライブの打ち合いです。カウンター狙いのため後陣に下って、ミスを誘ったりプレッシャーをかけたりするのが特徴です。

前陣速攻タイプ

スピードを重視するため、前陣に張り付いて攻撃するタイプです。少し前まではこの戦型が主流でした。前陣速攻タイプは、ラケットの裏面に玉離れが早い表ソフトラバーを使う傾向があります。シェークハンドラケットの場合は前面に裏ソフトラバーを貼る方もいます。

前陣速攻タイプの醍醐味はスピードを活かして相手を圧倒する打ち合いです。究極のラリーといわれ、スマッシュなどの大技が出ることも多いです。そのため動体視力や反射神経に優れ、細かいプレイが得意な方に向いています。

ショートタイプ

表ソフトラバーにある粒がさらに高くなっているソフトラバーを、粒高ラバーといいます。
この粒高ラバーは回転の影響を受けにくい、球離れが強い、球を打ち返すと相手の回転と逆になるといった特徴があります。

そのため小さな力で変化球を作って相手を翻弄し、細かい技術で相手のペースを乱す防御タイプです。頻繁にラケットを反転するテクニック、バックハンドのドライブ、粒高ラバーのスマッシュなど難しい技術を身につける必要があります。

カットマン

ボールに下回転(バックスピン)をかけたカットを多用し、後陣に下がる守備タイプです。
使い手も少ない独特な戦型です。カットマンは回転のかかる粘着性ラバー、摩擦性能を削ったアンチスピンラバー、粒高ラバー、表ソフトラバーなどを組み合わせて使います。カットマンの持ち味は究極の守備です。相手のドライブやスマッシュをひたすら受け、ミスを誘って粘り勝つという特徴があります。

TACTIVEは個人に応じた卓球レッスンを行なっています。ジュニア卓球教室や個人レッスン、定員制グループレッスンやトレーニングパートナーなど豊富なプログラムから卓球レッスンを選ぶことが可能です。また卓球レッスンを利用しない台貸しは30分で料金が1,000円なので気軽に楽しむことが出来ます。卓球レッスンを始める前にヒアリングやスキル解析を行い、最適な戦型のアドバイスも行なっています。是非ご利用下さい。

1 / 1
ページの上に戻る