TACTIVE -Active Table Tennis-

公式オンラインショップ「TACTIVE SHOP」

ラケットの選び方

卓球に必要な道具はボール、室内シューズ、運道着(ユニフォーム)があります。
そしてラケットとラバーはとても重要な道具です。ここでラケットの選び方について、いくつかご説明いたします。

ラケットの種類

ラケットには握手をするように握るシェークハンドと、ペンを握るように持つペンタイプの2種類があります。シェークハンドは左右の動きに強く、ペンタイプは正面に強い特徴があります。現在の主流はシェークハンドなので、初心者はシェークがおすすめです。

自分に向いているスタイル(試合の戦い方)で選ぶことも出来ます。ドライブマンやカットマンならシェークハンド、ショートタイプならペンタイプ、前陣速攻タイプなら両方がおすすめです。

シェークハンドとペンタイプの選択は、今後の卓球スタイルを決める重要な決断となります。本格的に卓球を学びたい方は、卓球スクールでアドバイスを受けることをおすすめします。

グリップとラバー

ラケットの握り部分をグリップといいます。このグリップにも種類があります。シェークハンドはストレート、フレア、アナトミック、コニックの4種類です。ペンタイプは日本式、中国式、反転式があります。初心者におすすめなのがシェークハンドならフレア、ペンタイプなら日本式です。

卓球のラケットには自分が使いやすいように、ラバーを貼るのが一般的です。ドライブマンならラケット両面に裏ソフトラバー、カットマンなら両面に粘着性ラバーを貼ります。ショートタイプは粒高ラバーや他のラバーの組み合わせ、前陣速攻タイプは表ソフトラバーや裏ソフトラバーの組み合わせで両面に貼ります。

グリップやラバーの技術はとても進んでいます。グリップを自分で削ったり、新素材のラバーを試したりすることも珍しくありません。ラケットが馴染まないと感じるのであれば、卓球スクールのコーチに相談してはいかがでしょうか。

商品を選ぶ

自分にあったラケットの種類、グリップ、ラバーが決まったら、実際に商品を購入してみましょう。有名メーカーはバタフライ、ニッタク、ヤサカ、TSPが挙げられます。初心者はこれらのメーカーから選ぶと良いでしょう。

プレースタイルは攻撃、オールラウンド、カットの3つから選びます。板の枚数はシェークハンドなら5枚合板、ペンタイプなら単板がおすすめです。そしてグリップの幅やラケットの重さを確認しながら慎重に選びましょう。

TACTIVEは東京にある卓球スクールです。東京都目黒区にあるので、渋谷区や世田谷区から来られる場合は、田園都市線をご利用いただくと便利です。目的や経験をヒアリングしたあと、卓球技術のスキル解析を行います。

そして最適な練習メニューや、ラケットなどのご提案も行います。イベントでは無料体験や、卓球台の無料開放も行っています。東京や神奈川にお住まいの方は、是非ご利用下さい。

1 / 1
ページの上に戻る