TACTIVE -Active Table Tennis-

公式オンラインショップ「TACTIVE SHOP」

卓球の有名選手について

卓球の上達で大切なことは自分の適性を知り、目標を作ることです。試合や大会で結果を残すことは、自信に繋がります。そして自分の目標となる選手に近づくために、努力することもやる気に繋がります。ここで卓球の有名選手についてご紹介いたします。

ヤン・オベ・ワルドナー

スウェーデン出身のワルドナーは神の子、卓球のキング、卓球界の最後の天才、百年にひとりの天才などと呼ばれています。1980年代から1990年代にかけて黄金時代を築きました。バルセロナオリンピック男子シングルスで金メダル獲得、世界選手権男子シングルス優勝2回など輝かしい功績を残しています。

前陣・中陣・後陣すべてプレイできる、バックハンドの多彩なテクニック、鉄壁の守備を持ちあらゆる強打をカットする技術、強烈で自由自在に打てるドライブ攻撃、相手の動きを予測した試合展開、想像に満ちたサーブなどが挙げられます。インターネットには動画による解説も多いので、卓球レッスンの参考になるでしょう。

王励勤

中国出身の王励勤は1990年代から2000年代に、中国を牽引するトップクラスの選手として活躍しました。シドニーオリンピック男子ダブルスで金メダル獲得、世界選手権男子シングルス優勝3回の結果を残しています。同世代の孔令輝や劉国梁と共に中国の黄金時代を築きました。

身長や体格に恵まれ、強烈なフォアハンドドライブが持ち味でした。リーチが長く、的確にドライブを打ち分け、フットワークが速いのも特徴です。総合的なテクニックがすべてハイレベルです。正統派のドライブマンを目指すなら、彼のプレイを見てみてはいかがでしょうか。

松下浩二

カットマンとして名を馳せた人物が松下浩二です。日本で初めてのプロ卓球選手であり、ドイツの卓球リーグに移籍した経験があります。カット主戦型として相手の強打を、後陣ですべて拾うプレイは世界で評価されました。軽快なフットワーク、カットの防御、意表をつくフォアドライブ、飛び込んでのバックスマッシュなどは勉強になります。特にクアラルンプールで行われた2000年の世界選手権で、ティモ・ボルと行った試合は有名です。

東京にあるTACTIVEは卓球レッスンを行っているスポーツ施設です。世界選手権で戦う現役選手の、松平健太氏がシンボルキャラクターです。彼を迎えてラリー体験やサイン会などのイベントも行っています。東京都の目黒区、世田谷区、渋谷区、港区、品川区にお住まいの方は、是非お越し下さい。交通アクセスには東急電鉄の田園都市線や、大井町線をご利用下さい。

1 / 1
ページの上に戻る