最新情報

卓球のサーブ種類大全:サーブの種類と特徴

執筆者:宮里 州コーチ
卓球スクールタクティブ(TACTIVE)自由が丘店の現役プロコーチ。台湾の大学を卒業後、沖縄でコーチ経験を積み、現在卓球スクールタクティブに在籍。中ペン裏裏でバックドライブを得意としたドライブ主戦型。

 

 

 

 

 

 

はじめに
卓球はスピードと戦略が鍵となるスポーツです。その中でもサーブは試合の流れを大きく左右する重要な要素です。本記事では、卓球のサーブの種類について詳しく解説し、それぞれの特徴やサーブの基本的な練習方法を紹介します。

 

 

 

サーブとは?
卓球においてサーブは、プレーの始めの重要な動作です。様々なサーブを身につけることで、相手に対するアドバンテージを得ることができます。

 

 

 

サーブの基本
サーブとは、プレーヤーがボールを相手のコートに送る初動作のことです。サーブは、ボールを垂直に16cm以上投げ上げてから打つ必要があり、これにより試合が開始されます。正確なサーブは試合の勝敗を左右するため、基本的なルールと技術をしっかりと理解することが大切です。

 

 

 

サーブの重要性
サーブは、相手を崩し、自分に有利な展開を作るための第一歩です。優れたサーブを持つことで、相手のミスを誘い、点を獲得しやすくなります。逆に、弱いサーブは相手に攻撃のチャンスを与えてしまうため、練習が必要です。

 

 

 

卓球のサーブ種類と特徴
卓球にはさまざまな種類のサーブがあり、それぞれに独自の技術と戦略があります。ここでは、代表的なサーブの種類を紹介し、それぞれの特徴と使い方を説明します。

 

 

フォアハンドサーブ
フォアハンドサーブは、ラケットを持つ手側でボールを打つ基本的なサーブです。フォアサーブでは、上回転、下回転、順横回転など、さまざまな回転をかけることができます。初級者から上級者まで広く使われる基本的なサーブの一つです。サーブの種類が豊富で、攻撃的な展開を作るのに適しています。

 

動画解説はこちら↓
【卓球の基本】初心者でもできる!サーブの秘訣を大公開!

 

 

YGサーブ
YGサーブ(ワイジーサーブ)は、卓球の逆横回転系(右利きであれば左方向に曲がる)サーブ技術の一つです。このサーブは、独特なフォームで逆横回転をかけることでボールの軌道を変え、相手にとって予測しにくい軌道の球を生み出します。YGサーブは特に、相手のレシーブミスを誘うために使用され、多くのプロ選手が試合で取り入れています。

 

詳しい解説はこちら↓
【卓球】YGサーブの出し方とコツ:プロの卓球コーチが徹底解説

 

 

巻き込みサーブ
巻き込みサーブは、ラケットを持つ手を巻き込むようにしてボールに回転をかけるサーブです。このサーブは、相手にとっては回転が予測しにくいため、非常に効果的です。

 

動画解説はこちらから↓
【明日から実践できる】三村コーチ流!巻き込みサーブのポイントとは?

 

 

 

バックハンドサーブ
バックハンドサーブは、ラケットを持たない手側からボールを打つサーブです。このサーブは逆横回転系(右利きであれば左方向に曲がる)のサーブの一つで、相手にとって予測しにくい軌道を描くため、3球目攻撃に繋げやすいサーブです。

 

 

 

サーブ練習のポイント

 
サーブ練習では、まず正しいフォームと打球ポイントを身につけることが重要です。フォームが安定すると、サーブの安定性が増し、打球ポイントが安定すると、ボールのコントロールがしやすく、試合でのミスも減らすことができます。サーブを出す前に以下のポイントをチェックしましょう。

 

1. 足の位置、体の角度、ラケットの持ち方を正しく保つ。
2. トスの際に腕や手首が無駄に動かないように注意する。
3. トスの高さと位置を一定にする。

 

サーブ練習についてはこちらの記事で徹底的に解説してます↓

【卓球】サーブ練習の完全ガイド:メニューから自宅で出来る練習まで徹底解説 

 

 

まとめ

 
卓球のサーブは試合を左右する重要な要素です。この記事で紹介したサーブの種類とサーブのポイントを参考に、自分のプレースタイルに合ったサーブを身につけてください。また、タクティブでは、新規のお客様限定で通常6,000円以上のレッスンが1,100円で受けられる体験レッスンを提供しています。この機会に、プロコーチの指導を受けてサーブの技術を向上させましょう。

 

体験レッスンのお申し込みはこちら↓
https://www.tactive.co.jp/lp/form.html

ページの上に戻る