最新情報

【卓球】スマッシュ完全ガイド:打ち方やコツから応用までをプロコーチが徹底解説

本記事の執筆者

 

嵯峨 弘平コーチ

 

卓球スクール・タクティブ(TACTIVE)渋谷店の現役プロコーチ。

東洋大学出身で、体の使い方やラケットの動かし方など理論的で説得力のある指導を得意としている。

 

戦型は両面に裏ラバーを使用しているドライブ主戦型。

試合の中でスマッシュによる得点が多いプレイヤーである。

 

 

 

はじめに

 

卓球のスマッシュは、試合の勝敗を分ける重要な技術です。

本記事では、スマッシュの基本から応用まで、プロコーチの視点で詳しく解説します。

 

これを読めば、スマッシュの技術向上が期待できるでしょう。

 

スマッシュは、相手に反応する時間を与えず、一撃で得点を狙うための強力な攻撃手段の一つです。

成功させるためには正しいフォームと練習が不可欠です。

 

 

 

スマッシュとは?

 

スマッシュは卓球の中で最も攻撃的な技術の一つです。

 

高速で鋭い打球を相手コートに叩き込むことで得点を狙います。

 

スマッシュの成功は、試合の流れを大きく変えることができます。

 

 

スマッシュに関するの解説はこちらの動画で詳しく行っています↓

◾️【お悩み相談室】ロビング打ちで気を付けるポイントとは?

 

 

スマッシュの基本フォーム

 

スマッシュにおいて重要なことは、正しいフォームと打球のタイミングです。

 

まず、スタンスとラケットの持ち方を確認し、次に飛んでくるボールの位置と打点を意識しましょう。

 

 

 

スマッシュの基本フォーム:足のスタンス

 

スマッシュを打球する際の足のスタンスは、足に力が入る程度に開き、膝を軽く曲げます。

 

体重は利き足にかけ、バランスを保つようにしましょう。

 

打球と同時のタイミングで逆足に体重が乗るようにするとスムーズな体重移動が可能となります。

 

 

 

スマッシュの基本フォーム:ラケットの持ち方

 

スマッシュを打球する際は、ラケットをボールの後ろに置くイメージで高く構え、ボールに合わせてスイングします。

 

リラックスした状態で握り、力みすぎないようにしましょう。

 

 

 

スマッシュの基本フォーム:スイングのタイミング

 

スマッシュを打球する際のスイングのタイミングは、インパクトの瞬間に力を集中させ、弾くようにして、回転をかけずに打ち込みます。

 

ラケット、肩、腰が同じタイミングでしっかりと回転させることが重要です。

 

 

 

スマッシュの練習方法

 

スマッシュの練習方法はいくつかあります。以下に代表的な練習方法を紹介します。

 

 

 

スマッシュの練習方法:卓球マシンを使った練習

 

卓球マシンを使えば、一定のリズムでボールが出てくるため、反復練習に最適です。

スマッシュのタイミングを掴むのに役立ちます。

 

卓球マシンの設定を変えることで、様々な速度と回転のボールに対応する練習が可能です。

 

練習メニューとしては、まず固定位置からのスマッシュを練習しましょう。

同じ位置から繰り返しボールが出てくる設定にし、正確な打点を練習します。

 

次にランダム位置からのスマッシュを練習しましょう

ランダムな位置からボールが出てくる設定にし、移動しながらスマッシュを打つ練習を行います。

 

 

卓球マシンの練習に関するの解説はこちらの動画で詳しく行っています↓

◾️【一人で強くなる】マシン練習で基礎をマスターしよう!

 

 

 

スマッシュの練習方法:パートナーと練習

 

パートナーとの練習でスマッシュを打ち合うことで、実戦に近い状況で練習できます。

様々な角度からのスマッシュに対応する力が身につきます。

 

練習メニューとしては、パートナーにスマッシュを凌いでもらう形で返球をしてもらい、連続スマッシュをする練習が、反射神経と持久力を鍛えるのに効果的です。

 

次に、セットプレイ練習として試合を想定し、サーブからスマッシュまでの一連の流れを練習します。

 

 

 

スマッシュのコツ

 

スマッシュを成功させるためには、いくつかのコツがあります。これらを意識することで、成功率が大きく向上します。

 

 

 

スマッシュのコツ:目線を一定の高さに保つ

 

スマッシュを打つ際は、目線を一定の高さに保ち続けることが重要です。

これにより、正確なタイミング、正確な高さで打つことができます。

 

特にインパクトの瞬間には、ボールをしっかりと見ることが必要です。

 

 

 

スマッシュのコツ:スイングスピードの調整

 

スイングスピードを適切に調整することで、ボールの速度と方向をコントロールできます。速すぎず、遅すぎないスイングを心がけましょう。

 

初めはゆっくりとしたスイングから始め、徐々にスピードを上げていくと良いでしょう。

 

 

 

スマッシュのよくある失敗とその対策

 

スマッシュでよくある失敗を紹介し、それぞれの対策を解説します。

 

 

 

スマッシュのよくある失敗:打ち損じ

 

打ち損じは、常に力が入っている状態でスイングをしてしまい、インパクトの瞬間に力が分散してしまうことが原因です。

 

力を一箇所に集中させる練習を行いましょう。

また、ラケットの握りを強すぎず、柔らかくすることでスムーズなスイングが可能になります。

 

対策としては、スイングの確認をしましょう。

鏡やビデオで自分のスイングを確認し、力の入るポイントをチェックします。

 

次にターゲット練習を行いましょう。

一定の位置にターゲットを置き、そのターゲットを正確に狙って打つ練習を行います。

 

 

 

スマッシュのよくある失敗:ボールがネットにかかる

 

ネットにかかる場合は、打点が低すぎることやラケット面の角度の違いが考えられます。

 

ラケットを少し高めに構え、打点を上げる意識を持ちましょう。

ラケットの角度も調整し、ボールに適切な角度で当てることが重要です。

 

対策としては、打点の意識をしましょう。

打点を高く保つために、目線を高く保ちます。

 

次に、ラケット面の角度の調整をしましょう。

ラケットの角度を確認し、ボールが適切にネットを越えるように調整します。

 

 

 

スマッシュのよくある失敗:力みすぎる

 

スマッシュを打つ際に力みすぎると、コントロールが難しくなります。

 

リラックスした状態でスイングすることが重要です。

特に肩や腕に力が入りすぎると、スイングがぎこちなくなり、ミスショットの原因になります。

 

対策としては、フォームチェックを行い、鏡を見ながら、自分のフォームをチェックし、力みがないか確認します。

 

 

 

スマッシュについてプロコーチのアドバイス

 

スマッシュについて、プロコーチからのアドバイスを紹介します。

これらのアドバイスを参考にして、スマッシュの技術をさらに向上させましょう。

 

 

 

インパクトの瞬間を意識する

 

スマッシュの成功は、インパクトの瞬間にかかっています。

この瞬間に最大の力を集中させることが重要です。

 

インパクトの瞬間を強く意識することで、ボールに十分なパワーとスピードを与えることができます。

 

 

 

練習の質を高める

 

ただ量をこなすだけでなく、質の高い練習を心がけましょう。具体的な目標を持ち、1回1回のスマッシュに集中することで、効果的な練習が可能になります。

 

例えば、1日10分間だけでも、集中してスマッシュの練習を行うことで、大きな効果が期待できます。

 

 

 

ポジティブなマインドセット

 

スマッシュの練習中にミスをしても、ポジティブなマインドセットを持つことが重要です。

失敗を恐れずに挑戦し続けることで、技術の向上につながります。

私たちプロコーチも、失敗から学ぶことが成長への鍵だとレッスンにてアドバイスさせていただいております。

 

 

 

まとめ

 

スマッシュは卓球の中で非常に重要な技術です。

 

基本を押さえ、コツを掴み、練習を重ねることで、スマッシュの成功率は飛躍的に向上します。

 

卓球のスマッシュは、適切なフォームとタイミングが鍵です。

基本のフォームを身につけ、効果的な練習方法を取り入れれば、誰でもスマッシュをマスターすることができます。

 

 

タクティブでは、新規のお客様限定で通常6,000円以上のレッスンが1,100円で受けられる体験レッスンをご用意しております。

この機会にぜひお試しください。

 

プロのコーチが丁寧に指導し、スマッシュの技術向上をサポートします。

体験レッスンでは、実際にプロコーチから直接アドバイスを受けることができ、短期間での上達が期待できます。

https://www.tactive.co.jp/lp/form.html

 

ページの上に戻る