最新情報

卓球のループドライブの打ち方と練習法を徹底解説

執筆者:宮里 州コーチ
卓球スクールタクティブ(TACTIVE)自由が丘店の現役プロコーチ。台湾の大学を卒業後、沖縄でコーチ経験を積み、現在卓球スクールタクティブに在籍。中ペン裏裏でバックドライブを得意としたドライブ主戦型。ループドライブからの展開を好んで使用する。

 

 

 

はじめに

 

卓球のループドライブは、試合での攻撃力の幅を広げるための重要な技術です。ループドライブを効果的に使うことで、相手のリズムを崩し、自分のペースで試合を進めることができます。

本記事では、日本最大級の卓球スクールのプロコーチが、ループドライブの基本から応用までを詳しく解説します。

 

 

 

ループドライブとは?

 

ループドライブは、ボールに強いトップスピンをかけることで、相手に対して回転量の多い、山なりのボールを送り込む技術です。

この技術は、相手のミスを誘発しやすく、自分の攻撃を有利に展開するための鍵となります。

 

 

ループドライブの特徴

 

ループドライブの特徴を理解することで、その効果を最大限に引き出すことができます。ボールにかかる上回転の特性を知り、適切に活用しましょう。

 

ループドライブの最大の特徴は、ボールにかけられる強いトップスピンです。これにより、ボールがバウンド後に急激に跳ね上がるため、相手にとって返球が難しくなります。

ループドライブは、相手のリズムを崩し、攻撃の主導権を握るための強力な武器です。

 

 

 

ループドライブの利点

 

ループドライブの利点を理解することで、試合での活用方法が広がります。ループドライブを理解して、試合を有利に進めましょう。

 

 

ループドライブの利点①:安定感のある繋ぎ

 

ループドライブは、卓球において安定感のある繋ぎの役割を果たすための非常に有効な技術です。この技術を駆使することで、相手の攻撃をしのぎながら自分のペースに持ち込むことが可能となります。

まず、ループドライブは強い上回転をかけるため、ボールの軌道が安定します。強い上回転によってボールが相手のコートに入りやすいため、ミスが減少します。

次に、ループドライブはスピードを抑えたドライブであるため、次の動作に余裕を持たせることができ、次の攻撃や守備への移行がスムーズになります。これにより、相手の強打に対しても冷静に対応できるようになります。

 

 

ループドライブの利点②:攻撃に緩急をつけられる

 

ループドライブは、卓球において攻撃に緩急をつけるための非常に効果的な技術です。この技を使うことで、相手のリズムを崩し、攻撃を有利に展開することが可能になります。

まず、ループドライブはボールに強い上回転をかけるため、通常のドライブよりも軌道が高くなります。この上回転によって、相手はボールの軌道を予測するのが難しくなり、ミスを誘発しやすくなります。

さらに、ループドライブは速度を抑えたドライブであるため、相手のリズムが乱れやすくなり、こちらの攻撃が一層効果的になります。

 

 

 

ループドライブの練習方法

 

ループドライブを習得するためには、正しいフォームと効果的な練習が重要です。ここでは、具体的な練習方法を紹介します。

 

 

ループドライブのフォーム

 

ループドライブの基本フォームは、足を肩幅に開き、体を前傾させることから始めます。ラケットを持つ手は体の前に構え、ラケットを軽く握ります。

スイング時に、体全体を使ってボールに強い上回転をかけることを意識しましょう。

ラケットをボールの下から上に擦るようにして、スピンをかけます。

 

 

ループドライブの回転のかけ方

 

ループドライブの最大の特徴である上回転を強くかけるための方法を紹介します。ラケットの角度とスイングの速度を調整して、ボールに強いトップスピンをかけます。

ラケットを持つ手を柔らかく使い、ボールをラケットの下部でこするようにしてスピンをかけましょう。

最初はゆっくりとしたスイングで練習し、徐々にスピードを上げていくと効果的です。

 

 

ループドライブの精度を高める練習

 

狙った場所にループドライブを打つ練習を行いましょう。

コート内にかごのような目標物を置き、そこを狙ってループドライブを打つ練習を行います。

目標物に入ったループドライブの回数を数え、成功率を上げることを目標にします。

練習ごとに目標物の位置を変え、多様な場所に正確にループドライブを打つ練習を繰り返しましょう。

 

 

 

ループドライブの応用テクニック

 

基本のループドライブをマスターしたら、さらに上達するための応用テクニックを学びましょう。

 

 

ループドライブの軌道の重要性

 

ループドライブの軌道を活かすことで、相手に対して効果的な攻撃を仕掛けることができます。

ループドライブの基本的な軌道は、ボールに強い上回転をかけることで、弧線を描きます。ボールが高く上昇し、頂点に達した後、急激に落ちて相手のコートに突き刺さるように見えます。この軌道が、相手の返球を難しくします。

ループドライブの軌道が高く、深くなることで、安定した繋ぎのボールになります。

しかし、相手に攻撃のチャンスを与えることもあります。なので、低い軌道のループドライブを使うことで、相手の守りを崩し、攻撃のチャンスを作ることができます。特に相手が後ろに下がっている場合に有効です。

 

 

 

まとめ

 

ループドライブは、卓球の試合で重要な役割を果たす基本技術です。正しいフォームを身につけ、上回転のかけ方、精度を高める練習を行うことで、自分のプレースタイルに合ったループドライブを身につけましょう。

 

タクティブでは、新規のお客様限定で通常6,000円以上のレッスンが1,100円で受けられる体験レッスンを提供しています。プロのコーチによる指導を受けて、卓球のスキルを一気に向上させましょう。

詳細は当スクールのウェブサイトをご覧ください。

 

体験レッスンはこちら⇩

https://www.tactive.co.jp/lp/form.html

ページの上に戻る